ペニス増大によい日常生活習慣

日常生活において、適度な運動をせず仕事と家の往復の日々で、ストレスに埋もれるような現状に心あたりありませんか?もし、少しでも心当たりがある方は日々の日常生活を見なさなければ、せっかく正しいペニス増大法を実践しても効果を100%引き出すことは難しいです。

ペニスを大きくさせるには、サプリメントや端正器具などを活用して増大に取り組む事が大切です。しかし、それぞれの効果を高める為には生活習慣も見直す事が必要になります。どれだけ治療にお金をかけても、生活習慣が悪ければ効果は少なくなってしまいます。

ここでは、ペニス増大に良い生活習慣の事例を紹介していきます。

適度な運動

適度な運動は体に良いだけでなく、実はペニスにも効果があります。適度な運動をすることによって、血流が良くなり、ペニスに流れる血流も多くなるのです。

ウォーキングや水泳などの軽いものから始めると体に負荷があまりかからないのでおすすめです。特にプールというのは、適度な水圧がかかるので、体全体に指圧効果が期待できます。

その結果、血管が反作用によって拡張していき、血流が高まります。無理をしない程度に、運動をしてみましょう。

喫煙は血行促進に悪影響

タバコを吸うと血管が細くなってしまうと言われています。

ペニスの増大には、血流を良くして多くの血液をペニスに循環させる事が必要です。

サプリや精力剤などの栄養補給で血管を拡張する成分を接種してもタバコを吸っていると効果が薄れてしまいます。

お酒は泥酔しない程度に

お酒を飲みすぎると、シラフの時と比べて勃起しにくくなる感覚を体験した事はありませんか?

お酒は、たしなむ程度であれば良いのですが、飲み過ぎると肝臓でお酒を分解する為にエネルギーを使いすぎてしまい勃起不全の原因の一つにも挙げられています。

酔いが冷めてしまえば、再び勃起能力が復活しますが、ペニス増大の為には泥酔した時の代償は大きく、それまでの努力も消えてしまう事もあります。なるべく1回にお酒を飲む量を抑えて、休肝日も増やすなど肝臓に負担をかけないように心がける事が必要です。

ストレスの軽減

ストレスが溜まると、体内に活性酸素が発生し血液の状態を悪化させるといわれています。血液の状態悪化は、ペニスのコンディション、増大に悪影響を及ぼしますので、ストレスを溜め過ぎないよう日頃から心がけておくことが大切なのです。

しかし、ストレス社会とまで呼ばれる現代、ストレスを受けずに生活することはほぼ不可能と言えます。自分なりのリラックス方法や、適度な運動などを習慣的に取り入れ、ストレスを発散しておきましょう。

自慰行為を我慢

性欲を我慢することは良くないのでは?と思いがちですが、この方法は、性欲を高めて、男性ホルモンを活性化させることで、ペニスを大きくする方法です。

これだけでも、実際い3cmほど大きくなったという人もいるので、試してみる価値はありそうです。

ただ、性欲がたまりすぎて、逆にストレスになってしまうと良くありませんので、我慢の限界が来た時には、オナニーで吐き出すようにしましょう。

睡眠はしっかり取る

成長ホルモンの分泌は睡眠中が最も盛んです。睡眠不足になると、ホルモンの分泌が少なくなり、生活リズムが乱れると自立神経にもよくありません。

また、ペニス増大に欠かせない活力成分は不眠普及でエネルギーを消費すると、ペニスに届く前に栄養を消化されてしまいます。

夜ふかしを控え規則正しい生活を心がけましょう。

食事のバランス良く健康的に

ペニスの増大効果がある料理は色々とあります。

しかしこうした料理ばかりを食べる事は栄養が偏りペニス増大に取って悪影響になってしまいます。

無理にして欧米人の食事を真似したりするのではなく、日本人としてまずは規則正しく栄養バランスのが良い食生活を送る事が第一歩です。

ペニス増大の為の栄養補給は精力剤やサプリメントで毎日継続的に無理なく接種する事がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です